妊娠・出産・育児

第25回 妊娠⑦ 妊娠高血圧症候群

もくじ はじめに昔は妊娠中毒症と呼ばれていた妊娠高血圧症候群はどういう状態?どういう人がなりやすいの?そもそも妊娠すると血圧はどのように変化するのか妊娠高血圧症候群の治療は?最後に はじめに 今回は妊娠高血圧症候群についてお話ししていきます。「高血圧」と聞くと、肥満の人や中高年の人の病気と思うかもしれませんが、実は妊娠によって「高血圧」となってしまうことがあります。そして、この高血圧の状態は、母体だけでなくお腹にいる赤ちゃんにも影響があることも。今回は、どういう状態を妊娠高血圧症候群と呼ぶか、治療についてお話ししていきたいと思います。 昔は妊娠中毒症と呼ばれていた 「妊娠高血圧症候群」というと…

第24回 妊娠⑥ 妊婦健診-7 NST

もくじ はじめにNSTってなに?どういう風に検査をするの?妊婦の姿勢モニターの装着NSTの評価波形に異常があったら妊婦さんができるセルフチェックまとめ はじめに 久しぶりの更新となりました。前回の更新からまさか、新型コロナウイルス感染症がこんなにも拡大するとは予想もできませんでした。新型コロナウイルス感染症の感染予防策により、両親学級に参加できない、里帰り出産ができない、ご家族のサポートが得られないなど、妊娠や出産、育児をする皆さんが不安に感じているのではないでしょうか。そんな不安が1mmでも軽減するよう、情報の提供をしていきたいと思います。今回は、NST という検査の目的や方法について説明し…

第23回 妊娠⑥ 妊婦健診-6 GBS

もくじ はじめにGBS検査の目的GBS(B群溶血性連鎖球菌)とは検査時期について分娩時のGBS感染対策まとめ はじめに  「GBS(培養)検査」をご存知でしょうか。「GBS」とは「B群溶血性連鎖球菌」のことです。どうしてこの検査を妊娠中に行うのか、この検査で陽性になった場合、分娩にどのような影響があるのかなどをお話ししたいと思います。 GBS検査の目的  GBS検査は妊娠35週から37週までの間に1回は行われる検査です。なぜ行われるかと言いますと、母体のGBS保菌の有無を確認するためです。GBSは直腸から会陰(えいん)を経て膣内に移行するため、検査の際は膣入口部ならびに肛門部から採取します。 …

第22回 産後⑤ 直接授乳(直母)−2 抱き方について

もくじ はじめに横抱き(交差抱き)脇抱き(フットボール抱き)縦抱き乳頭に傷ができたときまとめ吸着(ラッチ・オン)抱き方 はじめに  前回は、「吸着」の方法について説明しました。今回はおっぱいをあげる時の赤ちゃんの抱っこの仕方について説明します。何故これを説明するかと言いますと、乳頭損傷がありそれで「乳頭保護器」を使う方がいらっしゃるのですが、実はサイズ合っていない乳頭保護器を使うことで、乳頭(特に乳頚部)が切れてしまうことがあります。また保護器を浅吸いすることによる「乳頭への刺激不足」や「乳頭混乱」のリスクもあり、乳頭が短く咥えにくいというような理由がなければ、私は使う人は限られてくると考えて…

第21回 産後⑤直接授乳(直母)の方法−1 吸着

もくじ はじめにBFHで働いて気づいたことそもそもBFHって何?授乳姿勢が違う吸着(ラッチ・オン)吸着の方法浅吸いになったら他にも浅くなる原因次回について はじめに  「フクロウの助産師」Twitterアカウントを作っています。そこで皆さんどんなことで悩んでいるのかなと眺めさせていただいていますが、授乳のトラブルがチョコチョコ聞かれるので、今回は直接授乳(breastfeeding,直母)について2回ほどに分けて説明していこうと思います。 BFHで働いて気づいたこと そもそもBFHって何? BFH(赤ちゃんに優しい病院)をご存知でしょうか。WHOは「母乳育児成功のための10カ条」を提唱していま…

第20回 出産② 会陰マッサージ

もくじ はじめに会陰マッサージの目的会陰マッサージの方法会陰マッサージの効果会陰損傷への効果その他の効果終わりに はじめに  「会陰(えいん)マッサージ」について病院や助産院の助産師さんから説明を受けて、実施している方、実施した方もいるでしょう。「会陰(えいん)」とは、狭義的には外陰部と肛門の間を指します、膣と肛門の間の皮膚部分ですね。今回は会陰マッサージの目的と方法、効果についてお話します。 会陰マッサージの目的  会陰マッサージの目的は、ずばり 会陰損傷の予防です。  経膣分娩時を経験する多くの女性に会陰裂傷、会陰切開などの会陰損傷が生じています。正期産の赤ちゃんの頭の周りの大きさ(直径)…

第19回 産後④ 産後クライシス

もくじ はじめに里帰り出産と産後のサポート体制妻(パートナー)の思い産後クライシス(2つのゲート)互いのゲートをうまく開ける方法産後サポート事業まとめ はじめに  前回は「マタニティブルーズ」や産後うつ病についての記事でした。子育ての女性を支えるのは夫や家族なのですが、今回は産後に起こる夫婦の「危機」についてです。私の周りには育児をしている友人もいますし、SNSでは子育てママアカウントも数多く存在していることを確認しております(笑)友人や、ママアカウントの愚痴は、 「夫が子どもを風呂に入れただけでドヤって顔をする。」「子どもが増えた。(夫のことを指す)」 と皆様、夫への不満を時に皮肉を込めて表…

第18回 産後③ マタニティブルーズ

もくじ はじめにマタニティブルーズって産後うつ病EPDS薬の服用終わりに はじめに 入院中、ママさんが授乳しながら泣いていたことがあります。「わからないんです、わからないんですけど、涙がでて。」もしかしたら同じ経験をした方がいませんか?妊娠・出産は身体だけに影響を与えるのではありません。みなさんの「心(こころ)」にも影響を与えます。実は「心」の問題はみなさんが思った以上に深刻になることも。ですから、今日は「心」についてお話ししようと思います。 マタニティブルーズって 「マタニティブルーズ」を皆さんは知っていますか?マタニティブルーズとは、出産後に一過性に生じる軽度の精神的変調です。先ほどのよう…

第17回 妊娠⑥ 妊婦健診-5

もくじ はじめに超音波検査の種類経膣超音波(エコー)検査経腹超音波(エコー)検査赤ちゃんの成長をみるBPD(児頭大横径)APTD(腹部前後径)・TTD(腹部横径)FL(大腿骨長)赤ちゃんの性別は?もし異常が見つかったら最後に はじめに  血液検査編、やっと終わった(涙)そして今回は超音波(エコー)検査のお話をします。超音波検査については、前にもお話した通り、海外と比べると日本のように毎回エコー検査をしている国は稀です。医師だけでなく、検査技師や助産師が超音波検査をしている病院やクリニックもあるのではないのでしょうか。エコー検査で医師は毎回何を見ているのか、今日はそんなお話をしていきます。 超音…

第16回 妊娠⑥ 妊婦健診ー4

 前回は、血糖値の検査と糖代謝異常(妊娠糖尿病)のお話をしていきました。日本の自治体公費負担の血液検査では正常経過であれば、妊娠初期の血液検査、妊娠中期の後半(妊娠24週以降)で行われる、血液検査、分娩前に3回は血液検査があります。3回のうち、妊娠初期には感染症の検査、初期・中期には血糖値の検査を行いますが、3回とも行う検査に「血算検査」があります。 「血算検査」とは、血液中の赤血球、白血球・血小板の数や大きさを測ったり、ヘモグロビン濃度やヘマトクリット値を測定します。この血算検査については病院・産婦人科クリニックは計測機械を持っているので、すぐに結果がわかります。 なぜ3回も検査を行うのでし…

タイトルとURLをコピーしました